こむら返りを予防講じるストレッチング技法

こむら返りを予防講じるストレッチング技法

こむら返り,ストレッチング

 

こむら返りを予防するには、現につってしまうふくらはぎの筋肉をストレッチングするよりも、効果的なストレッチングがあります。

 

とりわけ、足首のはりを決めることが重要になってきます。それは、ふくらはぎの反対にある「すね」の筋肉です前脛骨筋だ。

 

この前脛骨筋が退化や実行欠落で硬くなってしまい、ふくらはぎに負担がかかってこむら返りを起こしてしまいますから、すね間近の筋肉を柔らかくしていきましょう。

 

本当に正座をし、両手を背部の階につきます。

 

ウェイトを背部に移動するのに併せ、のほほん膝を階から持ち上げます。その調子を20秒間持ちます。

 

この時、すねの筋肉があることを意識して下さい。

 

そうして次第に下ろします。こういう始動を3回、1日に2から3配置行ってください。

 

次は、片側ずつあぐらをかきます。椅子に座っても、階のままも構いません。

 

片方の膝の上辺りに、いよいよ片方の足首を乗せて足を組んだ状態にする。

 

そうしてすねを片手でおさえ、既に片方の手でつま先を持ちます。

 

足の親指が顔つきの方に生じるように足を引っ張ります。この状態を20秒ほど持ち、その後のほほん緩めましょう。

 

上記によって、ふくらはぎ間近の筋肉のやわらげ方もご紹介します。

 

取り敢えず正座になり、そこから片膝を立てます。

 

かかとをお尻に近づけ、立てた膝にウェイトを乗せていくように、前に少々体たび傾けます。この時、かかとが浮かないように気をつけましょう。

 

アキレス腱のさっと上の筋肉があることを意識して行いましょう。

 

20秒ほど保ったのち、のんびり下ろします。

 

こういう始動も、最初のすねのストレッチングと組み合わせて3回、1日に2から3配置行いましょう。

 

仮に正座が出来ない場合でも、立った状態で妨害や客席としておんなじ始動をすることも可能です。

 

立った状態で妨害や客席などにアプローチをつきます。片方の足を背部に引いて、足裏を思う存分階につけます。

 

このままいくぶんかがんで膝を弱く曲げます。前に出している足を一層前方へつき、しばしかがんでいきましょう。丸ごと20秒持ち、じっくり戻します。

 

こむら返り,ストレッチング

 

ご紹介したこれらの実行弱のストレッチングをする結果、こむら返り予防としてさんざっぱら効果的ですが、ストレッチングはあくまでアレンジ実行のようなものなので、感想を付けて勢いで筋肉を伸ばそうとしてはいけません。

 

無理な人気は加えずに、ゆっくりと少しずつ筋肉を伸ばして行くのがポイントです。

 

どんどん、筋肉を引き伸ばす時折、息づかいを閉めずゆっくり狭く長く息づかいを吐きながら伸ばして行くのが効果的です。

 

辛い思いをする前に、事前のアレンジでこむら返りは予防出来ます。とにかく試してください。

 

こむら返りTOPへ