睡眠中のこむら返り原因と対処法

睡眠中のこむら返り原因と対処法

こむら返り,睡眠中,原因

 

睡眠中にこむら返りになって痛くてまぶたが覚めた、というヒトは比較的多いかと思います。

 

こむら返りと言えば、急性ムーブメントや強いムーブメント後の筋肉の消耗によるものがほとんどですが、睡眠中に頻繁に病態があらわれる方法は、普段の慣習が原因ということが考えられます。

 

特にひとつに、「水分・ミネラル不良」があります。ミネラルには、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムといったマテリアルが含まれますが、これらは体内の交代の釣合を保ってもらえる重要な役割を果たしていらっしゃる。

 

ただし、ミネラルマテリアルが不足すると、怒りが異常に興奮し筋肉が攣縮してしまい乗り物がつってしまいます。

 

そのため、水やスポーツドリンクなどの水分をまめに補給したり、海藻や果物仲間などミネラルマテリアルを多数組み込む原料を日々の食事の中で意識的に摂取することが大切です。

 

また夏と違って、汗をかき辛い冬は水分の補給をサブがちになりますので、睡眠中のこむら返りになりやすい状況とも言えます。

 

こむら返り,睡眠中,原因

 

睡眠中は思っている以上に汗をかいていますので、就寝前にコップ半ば?1杯の水分を摂取する結果矯正、予防に繋がります。

 

もうひとつは、「冷温による血行不良」だ。夏のエアコンディショナーや冬の寒さによる冷温は、体内の血行を酷く決める。

 

一際、心臓から遠いふくらはぎは一番血が届きがたい結果、血行不良になりやすいのです。

 

元来、睡眠中は筋肉が緩んで要る状態ですが、身体が冷えた通り就寝してしまうと、筋肉が絶えず収縮しプレッシャーが続いてしまうため、こむら返りを引き起こしてしまう。

 

冬だけでなく、寒暖ズレのきつい夏もたっぷり湯船に浸かって体を冷やさないようにしたり、就寝前に弱くふくらはぎのマッサージをする結果、矯正、予防に繋がります。

 

加えて、体を冷やさないようビタミンEやビタミンB群、鉄分などの原料も摂取するのも効果的です。

 

こむら返り,睡眠中,原因

 

また、体の冷温だけではなく、日々のムーブメント不良や年齢による筋力の悪化が原因で、血行不良になる場合もあります。

 

普段からふくらはぎの簡単なストレッチングをしたり、適度にムーブメントを通じて筋力を維持することも心がけてください。

 

無論、荒々しい運動をする時は、ムーブメント程にたっぷりストレッチングを行いましょう。

 

このように、日常的に水分補給という冷温に気をつけ、適度な運動をする結果こむら返りは矯正、予防することに繋がりますので、この機会にご自身の慣習を見直してみるのもいいかもしれません。

 

こむら返りTOPへ